エコノミークラスの椅子取りゲーム @ シンガポール航空 SQ 🇸🇬

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村IMG_7542.JPG
エコノミークラス。ひとりひとりが使えるペースも限られてしまい、長時間、窮屈な思いをしないといけません。エコノミークラスで、座席指定を手抜きすれば、最初から最後まで窮屈で居心地の悪い、最悪な状況に。
素晴らしいサービスをするエアラインであっても、自己評価や満足度は、低くなるでしょう。
座席の好み、窓側や通路側、ど真ん中を好む人も中には居るかと思います。
人それぞれですね。 フライトで満足度を高めるのは、ある意味、自分次第でもあります。
エアライン側に全てを委ねるのではなく、自分から色々と引き出す努力、動く努力も必要。それが噛み合った時、きっと思い出に残る素敵なフライトになるハズです。
今回は、自分がシンガポール航空を利用で、希望する座席にアサインされるまでの事を説明したいと思います。実際、自分が体験してきた事を基準にしてますので、これが全てではないという事は、ご理解下さい。

自分の場合は、人に囲まれていない席(バルクヘッドや、最後尾) に狙いを定めて、作戦を立てます✈️ 
数年前までは、運や感に頼るしかなかったんですよね〜 ガチな椅子取りゲーム👊 
最近はSeat Alertsと言うアプリで、予約便のシートマップを見る事が可能です。無料会員ですと一日5回までと言う制限がありますが、それでも十分です。
アプリのシートマップには、現時点でブロックされている座席、指定済みの座席、指定可能な座席の全てが表示されるようになっています。 

オンラインチェックインで開放される席、EXIT席、チェックインカウンターでないと指定できないブロック席などを狙う場合は、キャリア側のシートマップと、アプリのシートマップを見比べる事で、座席指定のタイミング(webで可能か、空港で可能か)なども分かって来ると思います。
先ずはアプリをスマホにインストール→無料会員登録から始めて見ましょう。英語バージョンになりますがm(_ _)m
ExpertFlyer.com「Seat Alerts – Airplane Seat Monitoring & Alerting」
https://appsto.re/jp/EkrZF.i
IMG_7412.PNGパスワード設定などの個人情報を入力をしてアプリを開きます→6つの項目が出てきます→ 一番上のCreat Seat Alertをクリックします(ここからは、自分が予約しているシンガポール航空 SQ619便を例にして見ていきます)
IMG_7419.JPG上から順にクリックして、必要事項を入力していきます→出発地KIX→到着地SIN→出発日→エアライン(SQ)→便名→Cabin(Economy)
入力ミスがないか、確認してからsearchをクリック
IMG_7414.PNGエコノミークラス前方(Bコン)のシートマップが出てきます。スクロールすると、後方(Cコン)も表示されます。
ここでチェックしておきたい事
①✖️はブロックされている座席(キャリアのwebでは指定済みと出てる場合が多い)
②青は指定済み
③白は空席で、指定可能な座席(キャリアのwebでも同じ表示)
以上の事を頭に入れ、キャリアのwebのシートマップと見比べてみます。ここでは空いている無難な座席を事前指定する事にしています。現在は43H (ここに座る気は全くありません) 
31列目 バルクヘッドがブロックされています。この席を最優先で狙っていきます。
アプリとSQのwebを見比べてたら、指定可能な席に若干のズレはあります。真ん中で人に囲まれた座席なので、ここはスルーしておきます。
SQのシートコントロールの特徴は、ブロックされているシートが非常に多い事。
出発間際の予約では、指定出来ない(満席と勘違いしてしまう)事もあるそうです。出発3〜5日前になると、指定出来る座席(ブロックされていた座席が一部開放)が出てきます(満席近い予約の場合は選べない場合も) オンラインチェックインが始まる48時間前に、指定出来る座席がある限り開放されます(バルクヘッドは空港で)→椅子取りゲームが始まります✈️

IMG_7407.PNGIMG_7414-c7318.PNG
後方キャビンをみてみましょう。
現時点では、ほとんどがブロックされています。 
✖️と表示されているので、後に開放されると思います。多忙期など、予約が多く入っている場合や、一部座席指定をしてないPAXも居ると言う事は想定内にしておきましょう。

ベビーが居てバルクヘッドが✖️な時もあります。その時の為に、後方も必ずチェックします。
最後尾62列目を狙います(Bコンの最後尾47列目も) 
ブロックされていますので、ブロック席開放が始まると思われる、出発5日前くらいから、監視活動開始! 空いたらすぐに座席指定をしてしまいます。
先ずはこの席を押さえてから、カウンターでバルクヘッドをリクエストと言う段取りです。 
⚠️オンラインで、モバイル搭乗券などの発行は控えた方が良いでしょう。
オンラインチェックインでバルクヘッドを指定出来た事もありましたが、滅多にない事なので、バクかな? たまに不思議な事があったり... 

スターアライアンスゴールド、上級会員、優先、
一理ありますが、自分はスタアラゴールドであっても、上級会員とか自慢するようなレベルでもなく(上級会員と言う言葉は好きではない) また、SQからすれば、スターアライアンスメンバー  他社会員の一人にしか過ぎないわけです。 
座席のあれこれに特別扱いなんかはありません。
自分は、アウェイの立場に立たされる事が多く、そこから知り得た事もたくさんあります。
じっとしていては事は動きません。
この部分は努力した者、動いた者、言った者勝ち。あと、運もあるかな? そのうち感も、悪知恵も働くようになります 笑  

*EXIT席ですが、両サイドに2席づつあります。シンガポール航空のwebではPと表示されます。
こちらは、プリファードシートと言って、有料で指定可能な席です。日本⇄シンガポール 片道 USD50 
ビンボーな自分は買う事はないでしょう😱
詳しくは↓
IMG_7408.PNGIMG_7415.PNG
SQのエコノミーの椅子取りゲームはこんな感じで挑んでます✈️  
長々と書きましたが、SQ利用の際に、参考にしていただけたら嬉しいです。
ありがとうございました😊

オマケ 
☆YouTube動画 SQ619便 
IMG_7546.JPGIMG_7545.JPG

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

人気記事