シンガポール航空、機内食で日本の家庭料理 創立70周年記念

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へIMG_5217.PNG
にほんブログ村

シンガポール航空、機内食で日本の家庭料理 創立70周年記念


 シンガポール航空(SIA/SQ)は7月から、日本発路線で日本の家庭料理をテーマにした機内食を提供する。創立70周年を記念したもので、8種類のメニューを用意する。

 焼き鳥丼や豚の生姜焼き、赤魚の西京焼きなどを用意する。羽田と成田、中部、関西、福岡発の全便で、プレミアムエコノミーとエコノミーで提供する。

7月からと言う事ですが、自分が乗る予定の10月までやってるかな? 

シンガポール航空の機内食、賛否両論ありますが、あまりハズレはなく、安定の美味しさやと思います。

赤魚の西京焼き。よく似た名前の料理

「鮭の西京味噌焼き」シンガポール→関空の朝食で食べた事がありました。

IMG_8123.JPGIMG_8124-36e05.JPGIMG_8173-f6d4f.JPGIMG_8174.JPG 朝食ですが、イメージするとしたらこんな感じかな? 美味しかった💯
シンガポール航空、成田、羽田、中部、関空、福岡から飛ばしてますが、
出発地によってメニューが違うそうです(同じ時間帯の出発便 ランチメニュー)
ビジネスクラスも、前菜からデザートまで、変わるそうです。2016年11月は、福岡からビジネスクラスに乗ったけど、関空発のレビューを見たら全てが違う!どっちが良いとか比較するよりも、面白いと思った💯
個人的に気になるのは、名古屋飯。
名古屋コーチンや、味噌カツ。めちゃウマらしく、食べてみたい🍴

8種類の中から、成田発で提供される
オムライスと焼き鳥丼
IMG_7039.JPGIMG_7040.JPG
羽田発で提供される
鰻丼
IMG_7038.JPG

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

人気記事