ユナイテッド航空の職員に無理矢理、機内から引きずり出された男性医師? 報道ステーションのアホ丸出し報道にドン引きした🔚

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村IMG_4418.JPG昨夜の報道ステーション、

座席譲れば最高1万ドル…ユナイテッド!

大々的な報道でした。
ユナイテッド航空の職員に無理矢理?
ユナイテッド航空に原因があったにせよ、ユナイテッド航空の職員とChicago Aviation Security Officers(シカゴ空港警察) との区別もわかってない。一方的で視聴者を混乱させてしまう報道の仕方。アホ丸出し!
初期報道と変わってない。

アメリカではポリスレポートも公開されています。
英文ですがm(._.)m


*yahooニュースから(報道ステーションの記事)
アメリカのユナイテッド航空の職員に無理矢理、機内から引きずり出された男性医師、デービッド・ダオさん(69)が示談に応じた。示談の金額はお互い公表しないという取り決めだという。今回の件を受け、ユナイテッド航空オーバーブッキングの新たな対応策を示し、席を譲ってくれた乗客には最高1万ドルを支払うと発表。また、安全に支障がない限り、いったん着席した乗客を降ろすことを禁止した。

一先ず、数日前に僕が書いた記事をご覧ください。
①ユナイテッド航空の事件を冷静に考えてみる
②ユナイテッド航空の事件から思うこと(つづき ウォールストリートジャーナルの記事を付け足し)

初期報道で流れてしまった動画が強烈すぎた為、大炎上してしまいました。マスメディアの報道の仕方にも問題があると感じていました。
原因はユナイテッド航空にあったのは言うまでもありません。
二度と同じ事件が起こらないことを願うばかりです。
4月27日
日本語のHPで改善策が発表されました。
外資系のエアラインが、日本語でここまでする事は非常に珍しい。あったとしても英文。
日本に就航しているエアラインなら簡単な日本語で書かれるだけでしょう。
日系エアラインでは当たり前の事かもしれませんが、同じ対応を外資系に求めるのは如何なものか?法律や考え方も違いますし、過度な期待はしない方が良いでしょう。
ユナイテッド航空の改善する姿勢、日本語での対応策の発表。賛否両論はありますが、自分は評価したいと思います。
利用者側もルールやマナーを守る事が必要。それがサービス向上やトラブル防止にもつながると、自分は考えてます。

UAのHPの文面を添付します。
今回のユナイテッド航空の改善策についてのリポート

ユナイテッド航空、顧客サービスの改善策を発表

ユナイテッド航空(本社:シカゴ、最高経営責任者:オスカー・ムニョス)は、同社の運航体制や顧客サービスの大幅な改善に向けた10項目の施策を発表しました。これは2017年4月9日(米国現地時間)に起きたユナイテッド・エクスプレス3411便に搭乗されたお客様を強制的に降機させた出来事について、これまでの業務方針と手順を徹底的に見直し、また、早急なる対策を取ることを見据えた上で、改善策を決定したものです。

主な改善策は次の通りです。
  • 警察など法の執行官に協力を求めるのは、安全および保安上の問題が発生した場合に限定すること
  • 安全または保安上の問題がある場合を除き、すでに搭乗したお客様に降機を強制しないこと
  • 自主的にお席をお譲りいただけるお客様への補償額の上限を10,000米ドルに増額すること
  • 「カスタマー・ソリューション・チーム」を編成し、お客様が最終目的地に到着できるよう、近隣空港からのフライトや、他航空会社便の利用、あるいは地上交通機関の利用などの臨機応変なお客様への解決策(ソリューション)を見出し、空港係員に提供する
  • 乗務員の予約は遅くとも出発の60分前までに完了するよう徹底する
  • 社員向けに毎年実施するトレーニングを追加する
  • 便の変更を自主的にご承諾頂けるお客様の自動登録システムを構築する
  • オーバーブッキング数を減らす
  • 社員が顧客サービス上の問題を現場で即座に解決できるように社員向けツール、権限を強化する
  • 紛失し、戻らなかった手荷物に関して「無条件弁償制度」を導入する

これらの改善策の一部は直ちに実施し、その他については今年中に実施します。3411便で発生した出来事、ならびに今回のユナイテッド航空の改善策についてのリポートはこちらからご覧いただけます。https://www.united.com/web/ja-JP/content/reportJA.PDF

ユナイテッド航空のオスカー・ムニョス最高経営責任者は「全てのお客様は、最高水準のサービス、最大限の尊厳と敬意をもって迎えられる権利を持っています。2週間前、弊社はそうした基準を満たすことができませんでした。心より深くお詫び申し上げます。今弊社がなすべきことは、言葉よりも行動で示すことと考えます。正すべきを正し、今後、このようなことが二度と起こらぬよう、本日、具体的かつ意味のある改善策を示し、実行に移してまいります」と述べています。

さらに「弊社の調査によれば、あの日、多くの誤りが生じましたが、結局は社内規定が、弊社の価値観より優先され、その業務手順が、正しい行動を妨げたという点に尽きます。今回の出来事は、弊社全社員にとっての転換点であり、今後、より顧客を重視する企業文化の構築を目指すきっかけとなるものです。今後は、お客様第一主義で全ての業務を進めて参ります。本日発表した改善策は、お客様からの信頼を取り戻すためのまだ第一歩に過ぎません。」と付け加えました。

記事を読んで気分を害してしまう方もいらっしゃるかと思います。非難覚悟で記事を書きました。
ご理解いただけたら嬉しいです。
ありがとうございました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

人気記事