ユナイテッド航空の事件を冷静に考えてみる。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村先日起きたユナイテッド航空の事件。非常に残念です。SNSで炎上してしまうのも仕方ない。色んな方の書き込みを見てましたが、結果論ばかりが書かれている事が気になりました。
あの動画を見た瞬間、酷い!自分を含め、誰もがそう思ったハズです。男性は悲鳴を上げて抵抗し、床をひきずられながら強制的に機外に連れて行かれ、流血事件に... 
そこが一番問題になった場面。
自分なりに分析してみました。
原因はユナイテッド航空のオーバーブッキングである事に変わりはありません。出発間際にクルーのデッドヘッドや当局の職員が急に乗り込んでくる事もあり、その時は乗客よりも最優先されてしまいます。客からすれば迷惑な話しですけどね。UAの運行に不可欠なクルーの移動やフライトの安全上仕方ない事なのです。問題になったフライトの機材は70席前後の小さな機体。ボランティアを募っても軽く応じる客の比率は下がります。
これが200名を超える大型機での運行となると状況は変わっていたのかな?と思います。
機内にシカゴ警察の空港治安当局が入ってくると言う事は普通ではありえません。クルーが対応出来ない状態に陥り、出発も遅れてしまっていた。色んな事が重なり、当局を機内に呼び込む事態になった。流血するくらいの暴力事件(抵抗する客には容赦しないと言う事情もある)にまでなってしまった事。治安当局の職員には怒りを感じます。
ユナイテッドに原因はあるが、暴力を振るって怪我をさせたのは当局であって、その部分までユナイテッド航空の仕業やと一括りにしてしまうのもどうなのかな? 
謝罪の仕方からなにもかもアメリカンなやり方。
ほとんどの日本人には理解し難い部分も多く、勘違い、思い込み、先入観でネガティヴな情報が出すぎましたね。
乗務員は離陸前に指示に従わない客にとりわけ敏感であり、そうした客を簡単に降機させることができる。
利用者が乗務員から降りろと言われた場合、連邦法はそれに従うことを義務付けているのです。
ユナイテッドは出発間際までボランティアを募り、最終的に4人目の乗客とトラブルになり、当局に通報したと言う経緯。降りてもらう4人の客をランダムに選んだ結果アジア系だけが選ばれてしまい、差別問題が浮上しました。結果論だけで言うと差別されているの一言で炎上します。
借りに白人だったとしたら見逃してくれると言う事はありますか?
白人であっても抵抗すれば容赦しないでしょう。

自分は、最安値の格安チケット(ブッキングクラスが低い)尚且つマイレージプラスメンバーでなかった客、最終目的地や乗り継ぎ便の有無も関係します。その中から選ばれてしまった4人。たまたまアジア系やっただけやと解釈しました。
実際に自分がUAで飛んだ時に、ステイタスやクラスによる差別化がされるのは当たり前の事(他社でも同じ)なので不満を言う権利もありません。良い思いをしたければ自分で動く、嫌な思いをしたくなければ考え方を変えてみる。
アジア系に対する人種差別とかも感じた事もありません。そこまで気にしてたらどこにも行けなくなりますからね。
逆にアップグレートされる時にアジア系は弾かれ、白人が最優先されてると言う事はありません。
これは自分が体験して感じた事です。
逆に良くしてもらった事の方が印象に残ってます。
サービスはけして良くはないですが... 
今回の事件でサービスの部分まで炎上している事に??? でした。

航空券はそもそも、航空会社が利用者をある都市から別の都市に運ぶという契約。実際、利用者は特定の便あるいは特定の座席を購入したわけではないので、航空会社はそれら全てを変更できる。航空会社が乗客に予約とは別の便を使わせた場合は補償の対象になるが、それも特定の状況に限られます。
オーバーブッキングが発生した場合。
航空会社は自発的に席をあきらめてもらうよう、利用者にバウチャーを提示する事が義務付けられていて、航空会社は乗客の搭乗を拒否した場合、この乗客を次の利用可能な便に振り替えなければいけません。場合によっては宿泊代を負担する必要もあり、問題は「利用可能な便」と言う部分になります。
3日先まで空席がない場合、それまで待たなければなりません。
航空会社は、非自発的に予約が取り消しになった補償対象者に現金を支払うよう義務付けられていますが、ほとんどの航空会社ではマイルかバウチャー(自社便の金券として使える) になります。
バウチャーには制限や期限がある可能性があるので、使い勝手も悪い。
最終オプションとして用意されているのが現金保証。顧客は現金を要求する事ができるのと、プレミアム座席料金や預け入れ荷物料金など、受けなかったサービスについては返金が義務付けられています。
利用するキャリアのポリシーを確認→予約と同時に同意した事となる。
キャリアに全てを投げつけるのではなく、自分からリスクを回避する事を学ばないといけませんね。
大炎上してしまった上に、自分の思いや考えをブログにアップする事。勇気が要りました。
この文面を見て不愉快に思われる方もいらっしゃるかと思いますがm(_ _)m
IMG_4898.PNGIMG_4897.PNG

この記事へのコメント

  • 名無し

    勉強になりました。
    2017年04月14日 00:18
  • STAR*G

    >名無しさん
    >
    >勉強になりました。
    どうもありがとうございます。
    2017年04月14日 21:09

人気記事