ANA スイートラウンジ @ 羽田空港 国際線

IMG_2162.JPGIMG_2165.JPGIMG_2164.JPGIMG_2167.JPGIMG_2169.JPGIMG_2170.JPGIMG_2171.JPGIMG_2173.JPGIMG_2179.JPGIMG_2174.JPGIMG_2177.JPGIMG_2183.JPGIMG_2185.JPGIMG_2184.JPGIMG_2161.JPGANAで、ITM→HND→SIN→NRT→ITMで予約。
羽田から深夜便でシンガポールへ。
ANA国際線 スイートラウンジを利用出来る事になった。スイートラウンジのDining hの限定メニュー(数に限りがあります) ダイニングhは19:30〜でしたね。
その時間に間に合うように、伊丹空港で予約している便を変更、18時ごろ羽田に到着出来る様に調整しました。夜遅くなると限定メニューにはありつけないんですわ。 羽田到着後、友人と合流してスイートラウンジへ向かいました。初めて入るスイートラウンジ。隣の混雑したANAラウンジとは別世界。
支給係のオネエさんが、ホットタオルとドリンクメニューを持ってきます。◯◯様〜って呼んでくれる。せっかくなので、シャンパンをオーダー。
銘柄はパイパーエドシックで、タイ国際航空 TGがロイヤルシルククラスでサービスしていた銘柄。
お酒は弱い僕ですが、このシャンパンは飲みやすくて大好きです。シャンパンを飲みながらスイートラウンジの優雅な空間、雰囲気に酔いしれてしまいました。 19:30 ダイニングhがオープン。ダイニングエリアに移動。テーブルに着くと、支給係のオネエさんが、ホットタオルとメニューを持ってきます。
限定メニューは確か20人分しかないと記憶してます。6種類のメインメニューの上から2つが限定メニュー。鳥取県産国産牛のサーロインステーキをチョイス。ごはん(味噌汁付き)又はパンが選べます。
残り4種類のメニューも試食したい時は追加オーダーも可能。限定メニューはお一人様に付き1品だけです。ビュッフェコーナーにはスイーツもありますが、ダイニングhでは月替わりのパフェも提供しているのでそちらを。
3月はラズベリーのパフェでした。
全てのオーダーを終えたら、ビュッフェコーナーで好きなものを取り合わせて、前菜としていただきます。ここはセルフサービスです。
前菜を食べ終えた頃、タイミングよくメインが運ばれてきます。食事の進み具合を見てくれてるんですね。ホントにホテルの高級レストランみたいです。
メインの鳥取県産国産牛のサーロインステーキ。
柚子塩又は岩塩やったかな? 少しだけ付けていただきました。正直こんなに柔らかくて美味しいお肉は食べた事がない💯 僕は一般庶民なので、こんな時くらいしかチャンスがないのです...
パフェも絶品でした。
後は出発までシャワーを浴びたり、ゆっくりすごします。テレビ付きの個室で過ごしたり。席を移動する度に、支給係のオネエさんが、オシボリを持ってきてドリンクのオーダーを取りにきます。
名前を覚えてくれてるオネエさんもいらっさる。
これには感心しました。レセプションでシャワールームの予約が出来るんですが、オネエさんにお願いすると、全てやってくれます。
シャワールームから出て来ると、オネエさんが◯◯様お疲れ様でした〜 シャワーの後に冷たいお飲み物はいかがですか? シャワーの後なので冷たいオシボリを持って来てくれるんですよ💯
心地よいスイートラウンジ滞在でした。
羽田国際線のスイートラウンジを堪能するには、深夜便の利用。19:30までに入る(遅い時間に入るとダイニングhの限定メニューが品切れとなる)
事かな。
この時以外にも何度か利用する機会があったので、またブログにアップします。


IMG_9290-bac3d.JPG

この記事へのコメント

人気記事